スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ほわっとぷれい」に行ってきました。(5回目)

先週の日曜日、「ほわっとぷれい」さんに行ってきました。(*^^*)

我が家はボードゲーム好き。

月に一度程度「ほわっとぷれい」さんに遊びに行きます。
店内はボードゲームの棚でいっぱいで1000点を超えるボードゲームがあり、目移りします。

今日は遊んだゲームの簡単な紹介です。

まず。。はじめに遊んだのがこちら。

004_20140407223133c41.jpg
イージーカムイージーゴー』です。

単純な役を作り、タイルを取りあうというシンプルなダイスゲームです。

次男でも遊べるようにとスタッフさんが選んでくださいました。

タイルを取ったり、取り返されたりしてけっこうハラハラして面白かったです。

次に遊んだのが。。。

006_20140407230648590.jpg
乗車券(チケットトゥライド)北欧マップ』です。

鉄道路線が描かれたゲーム盤で、列車コマを並べてプレイします。
自分の路線をより多く完成させたプレイヤーが勝ちです。

我が家も「乗車券」アメリカマップがありますが、北欧マップは初めてです。

001_2014040811320832e.jpg
これが家にある『乗車券「アメリカマップ」』です。(日本語版)初心者向けです。
2004年 ドイツ年間ゲーム大賞を受賞しています。
我が家がボードゲームにはまるきっかけとなったゲームです。

初めてプレイする北欧版ですが。。

005_20140408110813479.jpg

アメリカマップにはない「トンネル」や「フェリー」など特別なルールがあって、新鮮でした。

また、マップもカードもデザインが美しく、もっているだけで満足してしまいそうなほど。

本当はもう一回プレイしたかったな~~。

次男は最初、私と二人で組んでプレイしていたのですが少々難しかったようで、途中からスタッフのお兄さんが別のゲームで遊んでくださいました。

おかげで私は一人で集中して遊べました。

別の卓では。。。

007_20140408115941f21.jpg
将棋』。。。 ってあれ?  
と金が不思議な所に・・・・。笑

普通は将棋は駒落ちといって、棋力が上の人が駒を落とすのですが、(囲碁でいう置石のようなもの)

それではつまらないということで、下手の方が3枚、歩を裏返してと金にした状態から指しているようです。とられてもただの「歩」です。

面白い。

最後に遊んだのは。。

008_20140408124040a12.jpg
ごきぶりポーカー』です。

これ、テーブルゲームに興味のない方でもハマりそうです
次男も一人でプレイできるくらい単純、でも面白いです。

あまりに面白かったので、そのまま名古屋駅の東急ハンズへ行き、お買い上げ。笑

030_20140408124846ae9.jpg
ついでに前から気になっていた『ハゲタカのえじき』も購入しました。

『ごきぶりポーカー』ですが。。

029_20140408130432060.jpg
カードの種類です。
カエル」「ハエ」「ゴキブリ」「クモ
ネズミ」「サソリ」「コウモリ」「カメムシ
各8枚の合計64枚です。

『ごきぶりポーカー』はこの嫌われ者(私は個人的にはカエルはすきですが。。)のカード達を相手をだまして押し付けあうゲームです。

記事が長くなってしまうので、このゲームはまたの機会に紹介できたら。。と思ってます。(*^^*)

東急ハンズでもう一つ見つけたものが。。

026_201404081329162ce.jpg
以前の記事に載せた、『TAKENOKO』です。

値段が5000円越えなので。。。どうしよう。。と思ったのですが。。

以前、ほわっとぷれいさんで遊んだその日から気になって仕方なかったゲームです。

長男が「私の誕生日プレゼント代わりに」とお年玉で後から払ってくれました。

025_20140408133353f44.jpg
家に帰ってさっそくプレイです。
たけのこがにょきにょきと生えていくのが楽しいです。

023_20140408133544a29.jpg
パンダと庭師です。

長くなってしまいました。
最後まで読んでくださった方ありがとうございます。(*^^*)

少しでも、ボードゲームに興味を持っていただけたら、幸いです。

ほわっとぷれい」さんのホームページです。

    http://whatplay.main.jp/


 アマゾンの商品紹介です。

メビウス ごきぶりポーカーメビウス ごきぶりポーカー
()
Drei Magier

商品詳細を見る
家族や友達と20分ほどで遊べます♪
我が家の次男(8歳)がお気に入りのカードゲームでよく、遊んでいます。
8種類の嫌われ者たち(ゴキブリ、ハエ、カメムシ、ネズミ、カエル、コウモリ、サソリ、クモ)を押し付けあいます。
同じ種類が4枚集まった人の負け!というシンプルなゲームです。
サイズは、11㎝ × 11㎝ × 3・5㎝ と持ち歩くことのできるサイズです。
スポンサーサイト

テーブルゲーム「ほわっとぷれい」に行ってきました~。(4回目)

昨日、(2014,3,2)名古屋市中村区にあるテーブルゲーム「ほわっとぷれい」さんに行ってきました~。

011_20140303072359c26.jpg

「ほわっとぷれい」さんは店内でボードゲームをして遊ぶお店です。

月に一度程度のお楽しみの日になっています。

入店手続きを済ませ、いつものように「ブログに載せたいので写真撮ってもいいですか?」と聞いた所、「どうぞどうぞ」とのこと。

人を写すのはNGですが、それ以外はOKです。

「もし、紹介してくださっているのであればリンクを。。」との嬉しい言葉になぜか私はしどろもどろ。。。

このブログは。。一応、囲碁ブログですから。。笑

今まで書いたのが105記事、そのうち囲碁が54記事と約半数、
子供や日常が39記事、ボードゲームがわずか9記事。。

しかもそのうちの「ほわっとぷれいさんに関する記事が3記事ほどなので。。。

いいのかなぁ。。。という複雑な気持ちでした。
でも。。。「リンク」ですしね。(*^^*)

ということで、、自分から「ほわっとぷれい」さんのホームページをすでにリンクしておきました~~。

もともと、いろいろ書いていこうという思いで始めたブログなので。。

最初に遊んだゲームがこちら~~。

012_2014030222590846b.jpg
TAKENOKO(たけのこ)です。

「日中友好の証として、日本に送られてきたパンダ。
この食いしん坊のパンダのために「たけのこ」を作って、食べさせてあげましょう。」

というゲームです。

パンダが食べるのは「たけのこ」ではなく、竹や笹の葉なのでは?というツッコミはナシです。笑

手元にゲームがないし、とても書ききれないので詳しい紹介は書けませんが。。

プレイ人数 2~4人。
プレイ時間 45分ほど
9歳以上 です。

016_20140302230945ed7.jpg
写真撮るのが下手ですが。。こんな感じのゲームです。

パンダさんも。。庭師(たけのこを栽培し成長させる人)さんも。。そして土地も。。いつものドイツゲームの感じとはまた違って日本的です。あ。でもたけのこがにょきにょき生えていくのがいい感じでした。


デザインは私的には?ですが。。でも ゲームは。。 おもしろかったです

ゲームとしては。。土地を発展させて、、水路をひき。。庭師さんを動かしてたけのこを生えさせ、、それをパンダに食べさせていきます

この貢献度が大きいプレイヤーの勝ち。貢献度は点数で表します。

(ゲームの細かいルールは。。。「ボードゲーム たけのこ」で検索するとたくさん出てきます)
 

こう書いていくとほんとに楽しそうですが、 やっぱり、楽しい!

難点は慣れていないせいもあると思いますが。。
一人ひとりのプレイが長くなってしまい、サクサク進むテンポの良さがあまりない感じがします。

  

ボードゲームは本当にいろいろなものがあり、その種類の多さに驚きます。
プエルトリコ」というゲーム、前に頂いた、コメントで「世界一面白い」と聞いてここで遊べるかも。。と楽しみにしていたのですが。。

「次男にはかなり難しい」とのことでした。残念です。

テーブルゲーム 「ほわっとぷれい」さんのホームページです。
http://whatplay.main.jp/

テーブルゲーム「ほわっとぷれい」に行ってきました^^。(3回目)

しばらくボードゲームの事載せてなかったので、今日はその話です。

26日の日曜日にまた、テーブルゲーム店「ほわっとぷれい」で遊んできました。

ここはボードゲームを売っているお店ではなく、ボードゲームを店内で遊ぶお店です


その前の週も行ったばかりでその時に遊んだ「THA CAVE」(洞窟)というゲームを次男がとても気に入り、

どうしてもプレイしたい!!とせがまれ、行くことになりました。

簡単に書くと「THE CAVE」は洞窟を探索しながら、カメラ撮影したり、水質調査したり、狭い所を通ったり、段差があればロープを垂らしたりと(もちろんボードゲーム上ですが)奥へ奥へと進んでいき、その調査のポイントを競うゲームです。
2~5人用です。

実はこのゲーム、けっこうハード

初心者ならルール説明だけで20分はかかりそうですし、実際のプレイには1時間以上かかります。

しかも、ルールを熟知している人が一人はいないとスムーズに事が進まない。。

私もいまだにルールをきちんと呑み込めておらず、長男にはあきれられてます。

相当な覚悟が大人ならいります。でも子供は別のようです。(あ。でもほんとに楽しいんですよ^^。遊ぶまでに何かと手間がかかるゲームほどやりがいがあるんです。)

次男もそうですが、ポイントや勝敗よりカードをめくりながらどんどん進んでいく、探索そのものがもうハマる要素のようです

その時一緒に遊んだ小学生のお子さんもとても気に入ったような感じでした。


あきれないでくださいね。カメラ(写真)撮れませんでしたーーー!!持っていったのですが。。。プレイに一生懸命?になり、、(>_<)

、、、載せたいのですが、載せれません!

残念。。。

その後、プレイしたゲームがこちら。。

003_20140130112136eca.jpg

 「トバゴ」 です。

宝さがしゲームです。このゲームも初めてです。2~4人用です。

001_20140130112520c97.jpg
ルール説明の時、撮りました。

財宝の場所を条件をどんどん出して絞り込んでいくゲームです。
条件を出した人と宝を実際に取った人とで宝を山分けします。その宝の数を競います。

詳しいルールは手元にゲームがないと難しいので省きますが。。

でもこれ、 すごくおもしろい!! 

宝を絞り込んでいくワクワク感

宝をゲットした人だけでなく、条件を出した人にも山分けというルール
例えば4つ条件を出してて、ゲットした人がだった場合、宝カードの配分は黄色の人2、青の人2、緑の人1になります。
一人占めじゃないのがいい


たくさんの中からどんどん絞り込んでいくとか、取捨選択のゲームは大抵私はハマります。
(整理好きが関係しているのかも。笑)

次男君は「絞り込み」がちょっと難しかったようで、あまりお気に召さない様子でしたー。

10歳以上じゃないとちょっと難しそうです。

002_2014013011252262b.jpg
こちらもスタッフさんの説明の様子です。

左側ある四角のもの。
これ、マーカーです。

ある程度絞られて来たら、ボードに配置します。

その前にあるカードが絞り込んでいく「手がかりカード」です。

「一番大きな森の中」とか「ヤシの木から2マス以内」とか
「海岸沿いにはない」などのいろいろな手がかりカードがあります。

矛盾しないように条件を出していき、宝の場所を一か所に絞り込みます。

マーカーは4色あるのでそのどれかに出していきます。

移動は車。モアイ像、ヤシの木。。雰囲気がもう、いいですね!
デザインもいいなぁ。。。

また、遊びたい。。

今度はお母さん(私)が「行きたい」とごねそうです。(笑)

でも料金とか長男の塾とか考えると、、

月1回ぐらいがちょうどいいペースです。(*^_^*)


囲碁 ブログランキングへ

テーブルゲーム 「ほわっとぷれい」(続き) 「マラケシュ」

だいぶ間があいてしまいましたが、今日は『テーブルゲーム店 「ほわっとぷれい」』(2013,12,30 の記事)の話の続きです。(*^_^*)  (↑ここからジャンプして見れます。)


このお店はボードゲームを売っているお店ではなくて、店の中でボードゲームをして遊ぶ所です。

店内には1000を超えるボードゲームが置いてあり、知らないゲームでもスタッフさんが一緒に遊んでくれるので大丈夫です。

実は、スタッフさんに撮影許可をもらったのにも関わらず、
遊ぶのに夢中になってしまい、写真ほとんどとれませんでした~。(>_<)

なので写真を撮れたものだけ、載せます。(ほんとは全部載せたかったのに残念!)

001_20131229124917a4f.jpg
ちょっと見づらいのですが、これ、 「マラケシュ(ギガミック)」です。


『マラケシュ』は、モロッコの都市マラケシュの市場を舞台に、たった1人の商人コマを全員で動かしながら、なるべく他の人が自分の色の絨毯(じゅうたん)を踏んでお金を支払ってくれるように、小さな絨毯を上手に敷いていくゲームです。』(「放課後さいころ倶楽部」小学館コミック(作者 中道裕大)から抜粋)


ボードゲームの雑誌や漫画などで気になっていたのですが、遊ぶのは初めてでした。

奥に見えるのがアッサムおじさん。(商人コマ)

可愛いコマですね。
アッサムおじさんの動かし方と絨毯をどこに敷くのかがポイントです。


あ。。。ちなみに長男、次男、私、スタッフさんの4人で遊んだのですが、私はビリでした。
次男に負けた~~
くやしいなー。

「マラケシュ」のようにボードゲームは時代を感じさせるものも多くていいですね!

他には、 「ビリービーバー」「ヤッツィー」というゲームで遊びました。

「ビリービーバー」も写真にとってのせたいくらい、単純ながら面白かったです。小さい子でもOKなゲームで、
スタッフさんが次男(6歳)でも楽しめるようにと最初に選んでくれました。

他にも気になるゲームがたくさん

また、遊びに行きたいです。(*^_^*)



004_20140107221831a65.jpg
こちら、「放課後さいころ倶楽部」(中道祐大 小学館) という漫画です。

ボードゲームの漫画です。この中にもマラケシュが載っています。

マラケシュは2008年度のドイツゲーム大賞:最終候補に残ったほどの評価を得た作品です。

長男も私もかなり気に入って、長男のクリスマスプレゼントにしようと思ったのですが、クリスマス前でどこを問い合わせても品切れ状態。輸入品ということもあり、今入荷待ちです。

追記です。

その後無事、届きました。 「マラケシュ」についての記事は← こちらです。(*^^*)


囲碁 ブログランキングへ

テーブルゲーム「ほわっとぷれい」

今年もあとわずかとなりましたね。


今日はボードゲームの話です。(*^_^*)


12月22日に テーブルゲーム店「ほわっとぷれい」
長男、次男、私の3人で行ってきました。


「ほわっとぷれい」は、近鉄「烏森駅」から歩いて10分ほどのところにあります。


ボードゲーム店といっても、ボードゲームを売っているお店ではなく

「店内でボードゲームを遊ぶ」店です。 こうゆう所に行くのは初めてです。


002_201312291249195d6.jpg     

003_20131229124921c3b.jpg

店内はボードゲームがずらり。  すごい 書斎みたいにボードゲームが並んでます 


初めてなので、スタッフさんから店内説明を受け、名札を作成。
アンケートも記入します。

「うち、基本アナログなんで、何書きこんでも、△とかでもいいですよ。」とのこと。

あてはまるものに〇をつけます。
「文系」「理系」
もちろん「文系」に〇。

記入を続けると、、

「囲碁」という項目で
「興味がある」「知らない」
がありました。「興味がある」どころではないですよね?

「3段で~す」と書き込みをしておきました。見栄をはってしまいました。(笑)(*^_^*)


書き込みが終わったら、いよいよ遊べます。

知らないゲームがほとんどですが、スタッフさんが一緒に遊んでくれるので大丈夫


004_20131229124922c0b.jpg
店内です。

「ほわっとぷれい」さんのホームページです。

http://whatplay.main.jp/

住所  名古屋市中村区畑江通 7-8-1 だぶるビート2F
電話  052-414-4666
定休日  火 水曜日 


日本ではボードゲームはあまり認知されていないのですが、ドイツを中心としたヨーロッパでは盛んです。

020_20131229175329855.jpg
以前、ごく簡単に紹介した「お邪魔者

で囲った部分、これ「お邪魔者」を作った人の名前です。

小説家や漫画家と同じように、「ゲーム作家」なるものがあります。
作ったものは「作品」として扱われ、このようにパッケージに作家名が表示されます。

私は数年前まではボードゲームといえば、「人生ゲーム」でした。

でも一度、こういったもので遊んでしまうともう、人生ゲームをする気になれない。(笑)

わいわい大勢で楽しめる作品が多いのも魅力です。

何で遊んだかは次の機会に... (*^_^*)




囲碁 ブログランキングへ

参加しています
コメントについて
コメントは管理人の承認後に掲載しております。ご了承ください。(*^^*)
プロフィール

himari

Author:himari
こんにちは。himariです。主婦です。
囲碁を始めたのは高校生の時。3年後に初段。と順調だったのですが。。その後の4年間は全く伸びないまま結婚。出産。(今は小学生と高校生の2児の母です)囲碁から遠ざかりました。
下の子が幼稚園年長になったのを機にネット囲碁を始めました。
今の棋力は3段程度。60歳までに5段になりたいと思ってます。強くなりたいと日々奮闘中。

初心者、初級者の方向けに囲碁のルール紹介なども載せています。カテゴリからぜひご覧ください。(*^^*)

また、ボードゲームのことなども載せています。気軽に読んで頂けるとうれしいです。

カテゴリ
笠 (1)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
counter ❀
ブロとも一覧

Calaブロ

よく当たる競馬データ予想 *無料*

junkuのとりあえず日記

戦士のズル休み

LEVEL1 FX-BLOG

桜花の生活(囲碁と共に、家族と共に)

ぽちの気が向くままに
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。